2016-08-29

au版iPhoneで使えるアメリカシム

GONです

他にもいろんなblogであがっているのですが、アメリカでh2O
シムはsimロック解除できないau版iPhone6で使えたのでポストします

h2OのホームぺージはKDDIと提携しているようなので日本語のHP
もあってとっつきやすいです

<日本にいる間>
amazonで400円くらいでシムを購入

H2OSIM

出発の前日にh2Oの登録関係で使うアカウントを設定

電話番号のアクティベート画面まで行って地域番号の事前調査
行先の地名が複数あった場合はすべてメモ
3桁数値を入力した後に、市をさらに選ぶボックスがあって、行先の市が出るまで
番号を入替えていく形

<アメリカ到着後>
ボクはアメリカについてからsimカード差し替え
↓はsim切り抜いた後
※アメリカついた直後空港でwi-fi環境のある状態でした

H2OSIM

日本にいる間にいった電話番号のアクティベートにアクセス
もろもろ入力して電話番号発行(この時に料金プラン選ぶ必要あり)
発行された電話番号をメモメモ(ボクは画面キャプチャした)
そのまま、支払いの登録画面へ
頭のほうで電話番号入力すると、アクティベート画面で選んだ料金プラン
だけが選択できるので後はカード情報入力
住所とかも、もろもろ。
最後の郵便番号で引っ掛かった(マニュアル読んでないだけ)んだけど
日本のカードで登録する場合、7桁じゃなくて先頭5桁だけ入力でOK

ここまでやってiPhoneを再起動したら、SMSが3通届いて
そのうちの1つにリンク付きがあるので、そのリンクいくと
APN設定のプロファイルがダウンロードできて、そのままインストールすると

H2OSIM

つながります!
h2Oの表示は再起動したときからついてたかも

ボクはwi-fi環境だったのでwi-fiをOFFしてもデータ通信ができる
事を確認して完了でした!

SoftBankだとかはアメリカ放題でOKですがauは今だと980円/日なので
h2Oの30日間$40のほうがお得感あります
docomoは調べてないのでわかりません...

最近のiPhoneの人はsimロック解除できるなやつもあるみたいなので
au版に限らず使えると思います
softbankの人でアメリカ放題使える人はメリットないかもですが...

あと1日分損するかもですが、日本にいる間に電話番号アクティベートとか
支払い設定までしておくと、アメリカに着いた瞬間から電話はいけると思います!
(データ通信はプロファイルダウンロード必要)

あっ、今のところLINEとかも日本で使える状態と同じ状態で使えてます
電話番号とか変わるのでだいじょうーぶ?と思ってましたが今のところOKです

1 件のコメント :